青松書院ウェブ担当の日記

青松書院で刊行する本の最新情報と、投稿生活について綴ります。

2018-03-13-Tue-02:52

叢文社から門下生の本が出ます

この度、叢文社から門下生二名の著書が出版されます。

yabuki.jpg

kousui.jpg

いずれも『このミステリーがすごい!』大賞ベスト20)の2作品です。

――以下、若桜木虔より。

 従来の刊行された新人賞受賞作や優秀賞受賞作(『このミステリーがすごい!』大賞の「隠し玉」を含む)は、応募時の原稿ではなく、編集部の指導の下で、大幅に加筆改変されています。
 そのために部外者では、新人賞受賞作と「惜しくも落選した作品」の間に、どれほどの落差・ギャップが存在するのかを、知ることができません。

 この2作品を、その回の受賞作と比べて読めば(『幸徳秋水の狐落とし』は第15回、『キボウノヒカリ誘拐事件』は第16回。宝島社のサイトで両作品の1次選考講評を読むこともできます。笹木一加さんは、応募時は松野未加子のペンネーム)、落差・ギャップについて知って、今後の〝傾向と対策〟に役立つはずですので、関心のある方は、お求めください。

 アマゾンで3月13日から予約購入が可能になります。
2018-03-13-Tue-02:33

体温計

この2月、3月は病院通いの日々です。

年末に受けた人間ドックの結果が芳しくなく、あちこちの科で再検査があったので。

いやいや、ガタがきてます。幸い、検査結果はセーフでしたから、よかったんですけど。

この5月で癌治療かいしから2年が経過します。長かったのか、早かったのか。今も薬は飲み続けています。

体調変化に敏感になって、体温計が欠かせません。

なのに、なくしたぁあ! いいものだったので簡単に買い替えて訳にもいかず。

必死で探してます。
2018-02-16-Fri-10:09

春の公募スクールご案内

1803school_B.jpg

3月18日の公募スクールのご案内です。
15:00~16:30に若桜木虔の『プロ作家になるには』が開講されます。

ふるってご参加ください。
2018-02-04-Sun-08:30

新年会、大いに刺激を受けました。

昨日は若桜木虔門下生の新年会でした。

まだ私がホテルをチェックアウトしてないので、写真など編集できていないのですが、楽しいお話、刺激になるお話、いろいろ伺い、とても楽しいひと時でした。

先生もお忙しい中、充実してらっしゃるご様子で、そんな姿を見られるの、年に一度のこの日なのです。

最近なかなか書けずにいたのですが、「書かなきゃ!」、いいえ、「書きたい!」と強く思いました。
2018-01-17-Wed-06:33

スマートホームへの道

Google ホームミニを購入してから、音楽を聴いたり、アラームを設定したりして活用していましたが、せっかく部屋が便利に変わるのならと、寝室だけ、スマートホーム化してみることにしました。
しかし、日本の、アマゾンではライト、バカ高いです。あれだけ高いとなかなかスマートホーム化の決心もつきません。私はAmazon.comから購入しました。
購入したのは、Phillis Hueというもので、ライトをとりあえず2個。天井の照明をHueにしてみました。
設定はさほど難しくはなく、ライトの色調や光の強さの設定が、声で変更できます。
1番有り難いのは、布団に入ったまま、部屋の電気を消せることですね。寒い時期は助かります。
ますますダメ人間になっていきます。
RREVHOME NEXT