青松書院ウェブ担当の日記

青松書院で刊行する本の最新情報と、投稿生活について綴ります。

2017-01-22-Sun-20:34

母がスマホを持ちました

母がついに、ガラケーからスマホデビューしました。

私も母も、ものすごい方向音痴なため、地図アプリを愛用中です。

去年の新年会の会場にも、スマホのナビで辿り着きました。スマホさまさまです。

もうじき、2017年の新年会です。

またスマホに誘導されながら、会場に向かいたいと思います。
2017-01-01-Sun-00:00

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!

どんな新年をお過ごしですか? 私は、新年のお参りにだけは、行こうと思います。

去年、さんざんな年でしたが、初詣、行かなかったんですよ。

快気を願い、お参りしてきます。

青松書院の業務も、頑張ってやっていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2016-12-23-Fri-21:50

新沖縄文学賞に梓弓さん

今日は嬉しいお知らせです。

第42回新沖縄文学賞を、門下生の梓弓さんが受賞されました。

おめでとうございます!

新沖縄文学賞←リンクをはっておきます。
2016-12-17-Sat-13:17

WEB対談、受賞作の発売

今日はお知らせを二つ。

第八回朝日時代小説大賞受賞作、『慶応三年の水練侍』が12月7日に発売されました。
門下生の木村忠啓さんの作品です。
18659.jpg


サイトトップにflashをリンクをはりましたので、飛んでみてください。

もう一つ。若桜木先生が江戸川乱歩賞作家の下村敦史氏とウェブ対談を連載開始です。

こちらも、サイトトップから行けるようリンクしました。

よろしくお願いします。
2016-11-25-Fri-08:01

昨日は大雪でしたね。

昨日は関東地方、大雪でした。皆さん、お出かけの時、不便はなかったでしょうか?

うちは角地で、建物が道路に向かう陽の光を遮る場所にあるため、一度雪が積もると、早く雪かきしないと、凍って、とても危険なんです。

やはり、自分の家が面している道は、雪かきの責任がありますからね。

ただ、今年は向いの、畑だった場所に、家が建ち、若いご家族が移り住んできました。少し、協力してくださるといいのですけど。

私はといえば、ちまちまと書き続けてきた小説が、形になりつつあります。とても特殊な状況で書いていた小説なので、出来上がるのは感慨深いです。この小説には、若桜木先生は絡んでいません。

はじめて、日本を舞台に書いたのも、画期的なんですよね~。

今年は二月に病気が発覚し、怒涛の一年でありましたが、寝たきりの時間、これまでとは違う世界を調べる、ゆったりとした時間を得ました。病気にならなかったら、これまでと同じ世界のまま、あいもかわらず、似たような作品を作り続けていたと思うんです。

ハリウッド映画の世界は、私のライフワークだと思っています。でも、違う視点を得たことで、世界が一気に広がりました。

ずっと二人三脚で、文章の駄目だしや励ましをくれ続けた姉に、感謝です!
RREVHOME NEXT