青松書院ウェブ担当の日記

青松書院で刊行する本の最新情報と、投稿生活について綴ります。

2017-05-28-Sun-10:26

髪を切りました

抗癌剤治療の影響で抜けていた髪が、だいぶ伸びてきました。

そのままキャップを被って夏を乗り切り、セミロングで秋を迎えようとも思っていたのですが、なんかまとまりが悪くて。

そこでカットしてきました。ベリーショートです。

なかなか満足しておりますが、私は背が高く、がっしりしているので、服装によっては、男に間違われるかも(;´・ω・)。

以前、北斗晶さんが、抗癌剤治療後の短い髪のまま、女子トイレに入った時、男に間違えられた、なんてお話をしておられたので、あ、私もあるかも……と。

メイクは必須ですね。あと、ピアスもつけようかな。

このところ、気分が落ちていたので、気分転換になればいいのですが。
2017-05-16-Tue-07:03

画像編集中

ongakunomitugimono.jpg
昨日ご紹介しました、青松書院の新刊、
『音楽の捧げ物なんていらない』ではなく、

『音楽に捧げものなんていらない』に作者のご要望で変更します。

今あるファイルは、新しいものになるまで、画像編集中と記したファイルに変更です。

しばらく、お目汚しとなりますが、ご了解ください。

今ある在庫、「もの」が「物」である本は……ある意味、プレミアものですね。

2017-05-15-Mon-17:38

新刊、入荷しました

Img_8472.jpg
久し振りの、生徒さんの新刊が入荷しました。

『音楽の捧げ物なんていらない』。前野公音さんの作品です。

ポプラ社小説新人賞の第二選考通過したものです。

サイトで販売開始いたしますので、よろしくお願いします。
2017-05-05-Fri-08:25

あれから一年が経ちました

去年の2月の検診で、乳癌が発見されました。4月に手術し、右胸全摘出。

迷いはありませんでした。少しでも早く、体の中から、病を取り除いて欲しくて。実際、開いてみて、摘出は正解でした。

本格的な入院も初めてだったし、外科手術も初めて。ドキドキしましたが、先生を信頼し、お任せしました。

あれから一年。

先日、検査を受けました。転移、再発は今のところありません。

抗癌剤の影響で抜けた髪は今、石川五右衛門のような状態です。ベリーショートにカットしてはと提案も受けましたが、病気発覚時はちょうど夜会巻きにできるほどの長さで、ヘアアクセサリも揃えたばかりでした。

このまま、帽子を被ったまま、伸ばすつもりです。

病気前とは、心意気も、見える世界も変わりました。人生何事も経験です。
2017-04-21-Fri-12:47

亜月、テイクオフ!

ちょっと前から、また書き始めました。

リハビリな感じだけれど、やはり書いている日常は楽しいものです。
RREVHOME NEXT