青松書院ウェブ担当の日記

青松書院で刊行する本の最新情報と、投稿生活について綴ります。

2017-06-07-Wed-08:59

未明の出血

朝起きて、廊下を歩いていると、ぽた、ぽたっとなんか嫌な気配……。

何故か両足の親指が切れており、そこから出血しておりました。

母「どこでぶつけたの?」
私「さぁ~?」

全然意識がないんですよ。何があったんでしょうねえ。

ここ数日、微熱が続いて、辛い日が続いています。季節の変わり目ですからね。しかたありません。

湿気が多いせいか、ベリーショートにした髪がくるくるに縮れています。なんだろう……すごく短くなった気分。

ま、去年まではつるっぱげだったんですから、髪があるだけよしとしましょう。
スポンサーサイト
2017-05-28-Sun-10:26

髪を切りました

抗癌剤治療の影響で抜けていた髪が、だいぶ伸びてきました。

そのままキャップを被って夏を乗り切り、セミロングで秋を迎えようとも思っていたのですが、なんかまとまりが悪くて。

そこでカットしてきました。ベリーショートです。

なかなか満足しておりますが、私は背が高く、がっしりしているので、服装によっては、男に間違われるかも(;´・ω・)。

以前、北斗晶さんが、抗癌剤治療後の短い髪のまま、女子トイレに入った時、男に間違えられた、なんてお話をしておられたので、あ、私もあるかも……と。

メイクは必須ですね。あと、ピアスもつけようかな。

このところ、気分が落ちていたので、気分転換になればいいのですが。
2017-05-05-Fri-08:25

あれから一年が経ちました

去年の2月の検診で、乳癌が発見されました。4月に手術し、右胸全摘出。

迷いはありませんでした。少しでも早く、体の中から、病を取り除いて欲しくて。実際、開いてみて、摘出は正解でした。

本格的な入院も初めてだったし、外科手術も初めて。ドキドキしましたが、先生を信頼し、お任せしました。

あれから一年。

先日、検査を受けました。転移、再発は今のところありません。

抗癌剤の影響で抜けた髪は今、石川五右衛門のような状態です。ベリーショートにカットしてはと提案も受けましたが、病気発覚時はちょうど夜会巻きにできるほどの長さで、ヘアアクセサリも揃えたばかりでした。

このまま、帽子を被ったまま、伸ばすつもりです。

病気前とは、心意気も、見える世界も変わりました。人生何事も経験です。
2017-04-21-Fri-12:47

亜月、テイクオフ!

ちょっと前から、また書き始めました。

リハビリな感じだけれど、やはり書いている日常は楽しいものです。
2017-03-22-Wed-04:01

健康のために

桜も開花、春ですねー。

私も、外に出るのが楽しくなっています。幸いまだ、花粉症ではないのですが、やっぱり怖くて、マスクはしますが。

この一年ずっと、感染を恐れ、家に引き籠る生活を送ってきました。

そろそろ、動かないと、ね!

というわけで、日々の何気ない作業で、運動みたいなことができないかと考えた結果、スタンディングデスクを採用しました。

はい、立ったまま、机に向かうのです。足腰は鍛えられるんじゃないかしら。

スタンディングデスクというのも売っていますが、私が購入したのは、普通の机の上に載せる、昇降機のようなものです。

疲れたら座って、やる気になったら、レバーを持って持ち上げ、テーブル面を合わせます。

普通にゼロからスタンディングデスクを購入するよりお得で、前から使っている机を捨てずに済みます。

初日は立っていると、立ちくらみがしましたが、今はだいぶ、慣れました。

少しずつ、元に戻していきたいです。
HOME NEXT