青松書院ウェブ担当の日記

青松書院で刊行する本の最新情報と、投稿生活について綴ります。

2018-07-05-Thu-14:41

自然には勝てない

関東地方は梅雨明けしましたが、今日もジメジメしています。

私が仕事でお世話になっている方は、九州の方で、豪雨に悩まされています。

こちらは水不足が心配される状態なので、本当に自然の前に私たちは無力です。

先日の地震で、ブロック塀の危険さが指摘されていますが、なんと姉の家の塀が、地震で倒壊する危険があり、壊すことになったのだそうです。

姉家族が建てた家ではないので、早く気づいてよかったです。

自腹なので、大変みたいですけどね。
スポンサーサイト
2018-06-08-Fri-06:23

寝室が映写室に

最近、プロジェクターを購入しました。

私は無類の映画好きなのですが、これまではせいぜい大きなテレビで見る程度でした。

西城秀樹が亡くなられて、若き日の彼を見たくて「愛と誠」のDVDを購入。若い秀樹は、まるで王子様のようなルックス!

寝室の壁一面に、異常にカッコいい秀樹が映る。


「幸せなひと時」

他の映画もスクリーンで見られるから、いいもの買いました。

2018-05-15-Tue-08:24

孤独なネット管理人

我が家で機械に強い人間は、昔から私しかいませんでした。
今のようにネット環境がどうとか言われる前から機械系は好きで、いろいろいじっていたのです。そんな私がいる我が家では、機械に不具合が生じると、必ず私の出番となります。
それはそれでいいし。専門家に払うお金も浮くし。機械をいじるのは昔から好きなほうでしたし。
ネット以外のテレビ、ラジオ、などなどの機械系も全て私の担当です。
ただ、時々、とても孤独になります。
私がいくらそのシステムの説明をしても、だーれも聞いてくれないんです。
いつも私の話を丁寧に聞いてくれる姉も、私が機械の話を始めると、頭の機能を停止させ、ものすごくつまらない顔で、うなずくことすら止めるのです。
ああ、孤独だなぁ。いくらトラブルを解決しても、誰もいっしょに努力の成果を分かち合ってくれないのです。
昨日もテレビの機能に新しいものを取り入れたのですが、家族は私が努力の成果を語るのを聞かず、システムを楽しんでいるだけ。
孤独だなぁ。ま、そんなものですよね。
2018-05-02-Wed-10:13

探すのもまた楽し

最近の音楽事情は、全くCDを買わなくなりました。もっぱらMP3ダウンロードで楽しんでいます。安いんですよね。

小室哲哉さんが引退を、発表してから、globを聞くようになりました。
リアルタイムでではあまり聴いていなかったので、新鮮です。

このサウンドが、一時期、時代を席巻したのだと思うと、なかなか感慨深いものがあります。

なぜ小室さんの曲のなかでglobなのかといえば、ボーカルのケイコさんが歌をやめてしまったと知ったから。

パワフルで、美しくて、聴いていてエネルギー貰えます。

歌うために生まれてきたやうな女性なのに、病は非情ですね。

私も病持ちですが、生活に支障はなく、私のままでいられる。

だから最近は90年代にタイムトリップすることが多いんです。
2018-04-25-Wed-07:47

持ち込み原稿の扱いについて

青松書院のお問い合わせに、結構多いのは、原稿を、持ち込んだら受け付けてくれるか?というものです。

結論から言いますと、青松書院は持ち込み原稿を受け入れておりません。

世の中には素晴らしい作品が、日の目をみないで眠っているでしょう。そういう作品を取り上げたい気持ちは山々なのですが、なかなか手が回りません。

当社は若桜木虔1人が編集から出版までの細かいチェックをやっている状態でして、とても今は持ち込みに気をかけている時間がありません。

申し訳ありませんが、持ち込みは他の社にお願いいたします。きっと、あなたの才能を認めてくれる編集者がいると思います。

私などまだまだ力不足で、なんの力にもなれません。日々精進して、少しでも新しい才能の力になれるようがんばります。
HOME NEXT